News

News Release


3次元アトムプローブの基礎、応用と最新技術動向



この動画では3次元アトムプローブ(APT)の特長、原理、数々の分析事例に加え、APTの分析には必須となる、FIB-SEM等を用いた試料の前処理、APTだからこそ可能となる様々なナノオーダーの解析方法を紹介しております。

また以下のAPTの最近の開発動向の紹介もしております。
- TEM/APT共用試料ホルダを活用した、TEMとAPTのデータの重ね合わせによる材料の解析事例
- 試料を真空を破らず、また冷却を維持したままLEAP5000への導入が可能となる試料搬送機構(VCTM)

こちらのwebinar動画に関するご質問はプレゼンテーターであるRob Ulfigにご連絡いただくか、または次のフォームから カメカ日本事業部にお問い合わせいただければと思います。 https://www.cameca.jp/contact/

お問合せ

当社製品に関するご質問・ご相談などはお気軽にご連絡ください。

TEL.03-4400-2330

WEB専用お問合せフォーム

ページTOP