AstruM

Panorama 超高分解能安定同位体質量分析計

AstruM

概要

Panorama は、国際的なサイエンスネットワークDeep Carbon Observatory (DCO ※)の1プロジェクトとして、Nu Instrumentsの Dr Phil Freedmanが設計した従来の装置をはるかに凌ぐ分析性能を実現した超高分解能マルチコレクター質量分析計による安定同位体質量分析計(IR-MS)です。

※:Edward Young 主任教授(UCLA)とDr Douglas Rumble (Geophysical Laboratory)が主導するDeep Carbon(深部炭素)に関するサイエンスネットワーク

装置の特長

特徴1

全元素、全濃度域の一斉分析

ESA-四重極-磁場セクターを組み合わせたマツダ式設計をベースに、完全に新しいイオン光学系を採用

特徴2

優れた定量性

実効半径800mmの大型マグネットにより高感度と超高質量分解能を同時に達成

特徴3

多様な試料に対応

質量数18メタンの全ピークを分離して、13C+H3+D および12C+H2+D2 のサブパーミルの測定に世界で初めて成功

お問合せ

当社製品に関するご質問・ご相談などはお気軽にご連絡ください。

TEL.03-6809-2402

WEB専用お問合せフォーム

ページTOP